全米へ幅広いネットワーク!
デルタ航空を利用して行くアメリカ出張・旅行


日本就航:羽田
公式サイト:デルタ航空
利用者の声:利用者のクチコミ・感想
日本とアメリカを結ぶデルタ航空。かつては成田空港から数多くの便を運航していたが、現在は羽田から6都市程度を結んでおり、中西部や南部にも直行便を飛ばしているのが特徴。初めて利用する人を中心にデルタ航空はどのような航空会社か、そして特徴や座席、利用者の口コミを紹介している。



海外旅行 クーポン&キャンペーン

デルタ航空とは

設立本拠地旅客数ランキング航空連合
1928年アメリカ2位スカイチーム
デルタ航空は世界最大規模の航空会社であり、日本から数多くの便を飛ばしている。デルタのハブ空港であるアトランタやデトロイト、ミネアポリスなど、日本人にはあまり馴染みのない都市にも就航しているのが特徴で、これにシアトルも加えて、観光よりも出張で使いやすい会社といえる。

スカイトラックス(格付け機関) HIS トリップアドバイザー
3スター20位 3.0 /5点満点 4 /5点満点
スカイトラックスでは3スターの評価を受けており、他のアメリカ系と同様に高くない。日本人からの評価も高くはなく、HISでは5点満点で3だが、それでもアメリカ系の中では最も健闘している。
さらに詳しく知る
>> デルタ航空の詳細

デルタ航空の機材

デルタ航空の路線は、現在アメリカ本土とハワイのみで基本的に大型機で運航されている。まず日本~アメリカ線の長距離便を利用することになり、他の都市へ行く場合は国内線(小型機)に乗り継ぐという流れだ。機材は本土とハワイ線で異なる。

日本路線 長距離 国内線
機体 A350、A330-900、767-300ER A350、A330-900、767-300ER 757、737、A321、A320
ビジネスクラス →→ 1-2-1配列(独立) 2-2配列
プレエコ →→ 設定あり 設定なし
日本~アメリカ本土は主にA350かA330-900で運航され、デルタの中では良い機材が使われる。ビジネスは1-2-1配列の独立シートで、エコノミーも大きめのパーソナルモニターを設置。ハワイ線は767-300ERでの運航が多くシートは少し古い。

ビジネスクラス

日本からビジネスクラスを利用する場合は「デルタ・ワンスイート」である事がほとんどだ。A350とA330-900の新しい機体に搭載されているシートで、1-2-1配列の独立型かつ扉がある個室タイプで快適性は抜群。他のアメリカ系の航空会社と比べても一歩先を行っている。

もちろんフルフラットになり、就寝している時間が多いアメリカ線では、この座席がデルタを選ぶ決め手にもなるかもしれない。

ホノルル線に使われる767-300ERは「デルタ・ワン」を搭載している。こちらは1世代前の通常の独立型シートで、扉は付かないがそれでも標準的なビジネスクラスの水準は備えている。
ビジネスクラス特集
>> ユナイテッド航空 ビジネスクラス

プレミアムエコノミー

2017年より長距離便にはプレミアムエコノミーが設定されており、「デルタ・プレミアムセレクト」と呼ばれている。通常よりも広いシートピッチ(96cm)に、レッグレストも付くなど長時間のフライトでも疲れないよう工夫されている。

大型のモニターなど設備の違いに加えて、機内食やノイズキャンセリングのヘッドセットなど、エコノミーとはサービスでも差別化が図られている。


エコノミー

デルタでは、エコノミーよりもややシートピッチの広い「デルタ・コンフォートプラス」という座席が設けられている。設備やサービスなどは同じだが、シートピッチだけが広く(86cm)、長時間が辛いと感じるならこちらがおすすめだ。

A350やA330-900は良い機材なので設備は優れているが、通常のエコノミーはシートピッチが狭いので口コミを見て判断するのが良いだろう。

ホノルル線に使われる767-300ERは、本土向けの機材と比べると劣る部分がある。
実際の利用者の声
>> デルタ航空のクチコミ・感想

アメリカ旅行

スターバックス1号店やアマゾン本社、ボーイング工場などシアトルには様々な企業とその見学スポットがある。デルタ航空はそんなシアトルにも拠点があるので、日本出国からアメリカ気分を味わいたい人にはうってつけ。

航空券だけであればサプライスでシアトル行き航空券を購入するのが最もおすすめ。HISが海外航空券に特化したサイトなので安心安全であり、取扱手数料の上乗せは基本的にないのでリーズナブル。ただし、ホテルに関しては自分で別途予約する必要があるので、旅慣れている人向けといえる。

有名ホテル
シアトル ハイホテル フォーシーズンズ シアトル
シアトル ハイクラス グランドハイアット シアトル
シアトル 標準クラス ヒルトンガーデンイン シアトルダウンタウン
シアトル 標準クラス コートヤード シアトルダウンタウン
海外旅行に慣れていない人はツアーがおすすめ。航空券とホテルがセットになっているので予約の間違いが起こらず、またサポートも受けられるのが良いところ。海外旅行はトラブルが起こりやすいので、心配であればツアーで申し込むのがおすすめ。大手のシアトルツアーは下から⇩

シアトルへのツアー
-
-



安心のアメリカ旅行へ

海外旅行はどこを利用するだろうか?当サイトからの予約の50%以上はHISが占めており、これから利用する人、またはどこを利用すれば良いか分からない人に向けて紹介していく。

HISは航空券とツアーのどちらも取り扱っている。大手の安心感、無難な料金、サポート、サイトの使いやすさ、これらのバランスが良く、客観的に見てもおすすめしやすい。初めてや不安があるならHISは無難な選択であり、周りでも使っている人は多いだろう。

特徴
HISの特徴と強み
海外航空券サポートコール(24時間)
急病など予期せぬトラブルに補償

Q&A
クレジットカードを入力しても安全?
出発までに気をつけることは?
悪天候(台風・大雪等)が発生した場合
欠航やスケジュール変更があった場合

海外旅行はトラブルが起こりやすいので、なるべく安全な日本の大手サイトで予約した方が良い。事前に特徴やQ&Aをチェックすることによって、より安心して海外旅行を楽しむことができる
初めてなら不安を払拭してから
>> HIS よくある質問を確認


これから航空会社を利用する人へ

ヨーロッパ系
🇫🇷 エールフランス  🇩🇪 ルフトハンザ
🇳🇱 KLMオランダ  🇬🇧 ブリティッシュ
🇫🇮 フィンエアー  🇮🇹 ITAエアウェイズ
🇨🇭 スイス航空  🇦🇹 オーストリア航空
🇸🇪 SAS  🇵🇱LOTポーランド航空

中東系
🇦🇪 エミレーツ  🇦🇪 エティハド
🇶🇦 カタール航空  🇹🇷 ターキッシュ

アメリカ系
🇺🇸 ユナイテッド  🇺🇸 デルタ
🇺🇸 アメリカン  🇺🇸 ハワイアン
🇨🇦 エアカナダ

日系・東アジア系
🇯🇵 JAL  🇯🇵 ANA
🇰🇷 大韓航空  🇰🇷 アシアナ
🇹🇼 エバー  🇹🇼 チャイナエアライン
🇹🇼 スターラックス
🇭🇰 キャセイ  🇭🇰 香港航空
🇲🇴 マカオ航空

東南アジア系
🇸🇬 シンガポール航空  🇹🇭 タイ航空
🇮🇩 ガルーダインドネシア
🇻🇳 ベトナム航空  🇲🇾 マレーシア航空

オセアニア系
🇦🇺 カンタス  🇳🇿 ニュージーランド航空


旅行サイト キャンペーン

じゃらん
クーポンの多さで人気No.1 自治体クーポンも多数配布
楽天トラベル
ホテル・ツアー向けのクーポン&ポイントキャンペーン
Relux
高級ホテル・旅館向けの割引クーポンとキャンペーン
Expedia
ホテル10%やダイナミックパッケージのクーポンを頻繁に配布
Agoda
都市別の5~10%OFFクーポンや10%以上お得になる裏技
Hotels.com
シークレットプライスや配布中のクーポンまで紹介
サプライス
海外航空券がお得に!割引クーポンやセールを紹介
HIS
海外航空券・海外ツアーがお得になる割引クーポン
JTB
海外旅行や国内の自治体クーポンなどを幅広く紹介
関連キーワード
航空会社の関連記事
  • マカオ航空の評判・口コミ・格付け評価|各クラスの設備紹介
  • マレーシア航空の評判・口コミ・格付け評価|各クラスの設備紹介
  • ベトナム航空の評判・口コミ・格付け評価|各クラスの設備紹介
  • ガルーダ・インドネシア航空の評判・口コミ・格付け評価|各クラスの設備紹介
  • タイ国際航空の評判・口コミ・格付け評価|各クラスの設備紹介
  • シンガポール航空の評判・口コミ・格付け評価|各クラスの設備紹介
おすすめの記事