ヨーロッパ最大の国ドイツへ!
ルフトハンザを利用して行くドイツ旅行・出張


日本就航:羽田、関空
公式サイト:ルフトハンザ航空
利用者の声:利用者のクチコミ・感想
ドイツへ直行便を飛ばすルフトハンザ航空。フランクフルトとミュンヘンの2つに拠点を持ち、観光や出張などで日々多くの日本人が利用している。初めて利用する人を中心にルフトハンザはどのような航空会社か、そして特徴や座席、利用者の口コミを紹介している。



海外旅行 クーポン&キャンペーン

ルフトハンザとは

設立本拠地旅客数ランキング航空連合
1926年ドイツ17位スターアライアンス
ルフトハンザは、エールフランスと並ぶヨーロッパ最大規模の航空会社で、ドイツだけでなくヨーロッパ各地への乗り継ぎにも使われる。フランクフルトとミュンヘンを拠点としており、近年はアジア方面はミュンヘンにシフトされていることから、そちらの空港を使う機会が増えている。

スカイトラックス(格付け機関) HIS トリップアドバイザー
4スター ☆☆☆☆21位 3.3 /5点満点 3.5 /5点満点
スカイトラックスでは4スターに認定されており、ヨーロッパの中では高い水準だ。日本人からも無難な評価を受けており、HISでは5点満点で3.3とヨーロッパ圏の航空会社としては問題ない値をつけている。
さらに詳しく知る
>> ルフトハンザ航空の詳細

ルフトハンザの機材

日本から利用する場合は、まず日本~ミュンヘンorフランクフルト線の長距離便を利用し、そこから乗り継ぐ場合はヨーロッパ内の短距離便を利用することになる。

日本路線 長距離 短距離
機体 A350、747-8 A350、A380、787、747-8、A340、A330、747 A321neo、A320neo、A321、A320、A319
ビジネスクラス →→ 1-2-1配列(独立タイプ)
2-2-2配列
3-3配列(真ん中空席)
プレエコ →→ 設定あり 設定なし
日本~ドイツ間は主にA350と747-8で運航され、ルフトハンザの中では良い機材で使われる。ビジネスクラスは2-2-2の配列が多く、プレミアムエコノミーも利用可能。短距離便は小型機が使われる。

ファーストクラス

長距離用機材の一部にはファーストクラスが設定されている(A380、747-8、A340-600)。ビジネスクラスと比較すると1席あたりが大きく足元にもかなりのゆとりがある。昨今の最上位クラスのような個室ではないが、有名シェフ協力の機内食やキャビア、一流ワインなど豪華なもてなしがされる。

2024年からA350を手始めに「ファーストクラス・スイート・プラス」と称した新シートが設置され、こちらは大型の個室タイプで、中東のエアラインに匹敵する広々とした空間が特徴だ。


ビジネスクラス

ルフトハンザのビジネスクラスは長距離線であっても2-2-2の配列が多く、A350や747-8など新しい機材であってもこちらが採用されている。その為、他社と比べてると一世代遅れているといえる。

徐々にA350や787などは1-2-1の独立型シートに変更されており、今後数年をかけて全てこちらのタイプに置き換えられる予定だ。
ビジネスクラス特集
>> ルフトハンザ ビジネスクラス

プレミアムエコノミー

長距離便に設定されているプレミアムエコノミーは、通常のエコノミークラスよりも座席が広く、モニターも11or12インチと大型なので、長時間のフライトでも充実して過ごすことができる。

また、ウェルカムドリンクや無料受託手荷物がエコノミーの2倍などのサービスも付いている。


エコノミークラス

長距離便のエコノミーはルフトハンザの中でも優れた設備で、比較的大きめのパーソナルモニターに日本語に対応した映画も導入されている。

ほとんどの人がエコノミークラスを利用するが、足元がそれほど広くないので、長時間が辛いと感じるならプレミアムエコノミーなどを選ぶのがおすすめだ。
実際の利用者の声
>> ルフトハンザのクチコミ・感想

ドイツ旅行

ノイシュヴァンシュタイン城やケルン大聖堂、ブランデンブルク門など、ヨーロッパ好きなら訪れたい有名スポットがドイツには多数ある。ルフトハンザ航空はそんなドイツを拠点にしているので、日本出国から欧州気分を味わいたい人にはうってつけ。

航空券だけであればサプライスでミュンヘン行き航空券を購入するのが最もおすすめ。HISが海外航空券に特化したサイトなので安心安全であり、取扱手数料の上乗せは基本的にないのでリーズナブル。ただし、ホテルに関しては自分で別途予約する必要があるので、旅慣れている人向けといえる。

有名ホテル
ミュンヘン ハイホテル マンダリンオリエンタル ミュンヘン
ミュンヘン 標準クラス メルキュール ミュンヘン シティセンター
フランクフルト ハイクラス マリオット フランクフルト
フランクフルト 標準クラス ラディソンブルー フランクフルト
海外旅行に慣れていない人はツアーがおすすめ。航空券とホテルがセットになっているので予約の間違いが起こらず、またサポートも受けられるのが良いところ。海外旅行はトラブルが起こりやすいので、心配であればツアーで申し込むのがおすすめ。大手2社のドイツツアーは下から⇩

ドイツへのツアー
-
-



安心のドイツ旅行へ

海外旅行はどこを利用するだろうか?当サイトからの予約の50%以上はHISが占めており、これから利用する人、またはどこを利用すれば良いか分からない人に向けて紹介していく。

HISは航空券とツアーのどちらも取り扱っている。大手の安心感、無難な料金、サポート、サイトの使いやすさ、これらのバランスが良く、客観的に見てもおすすめしやすい。初めてや不安があるならHISは無難な選択であり、周りでも使っている人は多いだろう。

特徴
HISの特徴と強み
海外航空券サポートコール(24時間)
急病など予期せぬトラブルに補償

Q&A
クレジットカードを入力しても安全?
出発までに気をつけることは?
悪天候(台風・大雪等)が発生した場合
欠航やスケジュール変更があった場合

海外旅行はトラブルが起こりやすいので、なるべく安全な日本の大手サイトで予約した方が良い。事前に特徴やQ&Aをチェックすることによって、より安心して海外旅行を楽しむことができる
初めてなら不安を払拭してから
>> HIS よくある質問を確認


これから航空会社を利用する人へ

ヨーロッパ系
🇫🇷 エールフランス  🇩🇪 ルフトハンザ
🇳🇱 KLMオランダ  🇬🇧 ブリティッシュ
🇫🇮 フィンエアー  🇮🇹 ITAエアウェイズ
🇨🇭 スイス航空  🇦🇹 オーストリア航空
🇸🇪 SAS  🇵🇱LOTポーランド航空

中東系
🇦🇪 エミレーツ  🇦🇪 エティハド
🇶🇦 カタール航空  🇹🇷 ターキッシュ

アメリカ系
🇺🇸 ユナイテッド  🇺🇸 デルタ
🇺🇸 アメリカン  🇺🇸 ハワイアン
🇨🇦 エアカナダ

日系・東アジア系
🇯🇵 JAL  🇯🇵 ANA
🇰🇷 大韓航空  🇰🇷 アシアナ
🇹🇼 エバー  🇹🇼 チャイナエアライン
🇹🇼 スターラックス
🇭🇰 キャセイ  🇭🇰 香港航空
🇲🇴 マカオ航空

東南アジア系
🇸🇬 シンガポール航空  🇹🇭 タイ航空
🇮🇩 ガルーダインドネシア
🇻🇳 ベトナム航空  🇲🇾 マレーシア航空

オセアニア系
🇦🇺 カンタス  🇳🇿 ニュージーランド航空


旅行サイト キャンペーン

じゃらん
クーポンの多さで人気No.1 自治体クーポンも多数配布
楽天トラベル
ホテル・ツアー向けのクーポン&ポイントキャンペーン
Relux
高級ホテル・旅館向けの割引クーポンとキャンペーン
Expedia
ホテル10%やダイナミックパッケージのクーポンを頻繁に配布
Agoda
都市別の5~10%OFFクーポンや10%以上お得になる裏技
Hotels.com
シークレットプライスや配布中のクーポンまで紹介
サプライス
海外航空券がお得に!割引クーポンやセールを紹介
HIS
海外航空券・海外ツアーがお得になる割引クーポン
JTB
海外旅行や国内の自治体クーポンなどを幅広く紹介
関連キーワード
航空会社の関連記事
  • マカオ航空の評判・口コミ・格付け評価|各クラスの設備紹介
  • マレーシア航空の評判・口コミ・格付け評価|各クラスの設備紹介
  • ベトナム航空の評判・口コミ・格付け評価|各クラスの設備紹介
  • ガルーダ・インドネシア航空の評判・口コミ・格付け評価|各クラスの設備紹介
  • タイ国際航空の評判・口コミ・格付け評価|各クラスの設備紹介
  • シンガポール航空の評判・口コミ・格付け評価|各クラスの設備紹介
おすすめの記事